2012年10月06日

2012年のうちに観ておきたい展覧会まとめ

※私が行きたい展覧会リストです。

「アラブ・エクスプレス展: アラブ美術の今を知る」展http://www.mori.art.museum/contents/arab_express/index.html
急速に成長することで浮き彫りになっていく、良い部分悪い部分が
作品を通じてはっきり見えてくるんじゃないかと思います。
アラブについてより詳しく分かってくるかもしれません。

リー・ミンウェイ 「澄・微」http://group.shiseido.co.jp/gallery/exhibition/index.html
記憶そのものを取り扱っているといいますか…
観る人それぞれの記憶が拡張されていくような、深い展示なんですよね
まもなく会期終了するので早めに行かなくては

チョコレート展
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2012/choco/
「チョコレート」です。他に言うべきことはありません。
チョコをモチーフにした前売り券も入手できましたし、いつでも行けます…!!
一緒に行く人が未定ですが…

アートと音楽−新たな共感覚をもとめて  展覧会概要
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/138/
先日ブリジストン美術館でドビュッシー絵画展を観て以来、
異なるジャンルの美術品間の関連性に深い興味持ってまして
音楽と美術のかかわりを知覚面から探れそうなこの展覧会も興味アリです。
併催のMOTコレクション展も是非見ておきたい

メトロポリタン美術館展 大地、海、空−4000年の美への旅http://www.tobikan.jp/museum/2012/metropolitan2012.html
東京都美術館リニューアルオープン前から…
昨年末頃この展覧会の告知が出てからずっと楽しみにしてました!
深い理由は特にありません。「メトロポリタンミュージアム」が好きなだけです。
大好きな絵の中に入りたいな〜

手の痕跡
国立西洋美術館所蔵作品を中心としたロダンとブールデルの彫刻と素描

http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/rodin2012.html
西美の前庭や常設彫刻展示室にもロダン作品があり、
西美と言えばモネかロダンか、ってことろですがロダンメインの展覧会とは
どうなるか思い浮かびませんね…!


もうひとつ、森アーツセンターギャラリーのジョジョ展にも行きたかったのですが
既に土日の指定券売り切れとのことで…
平日はいける見込み無いので、諦めるしかなさそうです。残念です。
posted by じゃいじゃい at 23:46| Comment(0) | めも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝・深堀隆介個展『色浴ノ秋』 / 国立新美術館

オーストリアとスイスの間にあるリヒテンシュタイン侯国。同国の国家元首であるリヒテンシュタイン侯爵家は、優れた美術品収集こそが一族の栄誉との家訓のもと、500年以上にわたってヨーロッパ美術の名品を収集してきました。その数は3万点に及び、英国王室に次ぐ世界最大級の個人コレクションといわれています。本展では同コレクションから139点の名品を選りすぐり、日本で初めて公開します。世界屈指のルーベンス・コレクションからは、愛娘を描いた《クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像》など10点が一挙に来日。ラファエッロ、クラナッハ、レンブラント、ヴァン・ダイクをはじめとする巨匠たちの名画や、華麗な工芸品が一堂に並びます。
http://www.nact.jp/exhibition_special/2012/liechtenstein/index.html


今日行ってきました。
ポスターのキャッチコピー『わが宮殿へようこそ』に惹かれて…
これは国立新美術館でこれまで開催されてきた企画展の中で
トップクラスにどストライクなキャッチこぴーなんじゃないかと、
まあそれはいいとして、ルーベンス、レンブラントを始めとした侯爵家コレクション
ピーターブリューゲル、ヤンブリューゲルもあり豪華
作品だけでなく展示室の作りから、侯爵家の調度品の展示もあり正しく
『宮殿』と言って良い展覧会です。
チラシを見た瞬間から展示室を出る瞬間までたっぷり興奮できた数少ない展覧会といえましょう

ちなみにポスターに使われていた作品は
ルーベンス長女クララの肖像でした。
彼女の生涯は長くはありませんでしたがインパクト大でしたね

もうひとつ、ミュージアムショップでは
深堀隆介の金魚展が行われておりました。
http://goldfishing.info/news/
写真集見たときは衝撃で言葉も出ませんでしたが、実物見ると驚きが一層です…
どうみても生きている金魚にしか見えません。

深堀隆介個展  『色浴ノ秋』  しょくよくのあき
期間:2012年9月19日(水)〜10月22(月)   
場所:SFT GALLERY
時間:10:00~18:00(金~20:00) 火曜日定休  
posted by じゃいじゃい at 23:10| Comment(0) | 鑑賞所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。