2013年03月07日

エル・グレコ展 - 東京都美術館

http://www.el-greco.jp/index.html
没後400 年を迎えるスペイン絵画の巨匠、エル・グレコの大回顧展を開催します。
エル・グレコ(本名ドメニコス・テオトコプーロス、1541〜1614年)は16世紀から17世紀にかけてのスペイン美術の黄金時代に活躍し、ベラスケス、ゴヤとともにスペイン三大画家の一人に数えられます。クレタ島に生まれ、ヴェネツィア、ローマでの修行を経てスペイン・トレドにたどりつき、揺らめく炎のように引き伸ばされた人物像が印象的な宗教画や、モデルの人となりをも描き出す独自の肖像画で、当時の宗教関係者や知識人から圧倒的な支持を得ました。ピカソら20 世紀の巨匠たちからも、その作品は高く評価されています。
本展にはプラド美術館、ボストン美術館など、世界中の名だたる美術館やトレドの教会群から油彩およびテンペラ画51点が集結。高さ3 メートルを超える祭壇画の最高傑作の一つ「無原罪のお宿り」も初来日し、まさに「奇跡の集結」といえる国内史上最大のエル・グレコ展となります。


Ezotic Art観た後に、寄り道のつもりで観たのですが、思いの外面白かった。ラストにある無原罪のお宿り、正しくあれのためにある展覧会で、あまりの迫力に後ろに仰け反ったw 4m近くある巨体な絵の中で展開される色彩による圧倒的存在感…!一つの映画を見終わった様な清々しさが残りました。
作品に対してあれほど畏れてしまったのは久々な気がします。
他のお客さんも、跪いて作品観ていましたからね…
posted by じゃいじゃい at 19:31| Comment(0) | 鑑賞所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。