2011年06月11日

名和晃平─シンセシス&トーキョーワンダーウォール公募2011入選作品展 

名和晃平─シンセシス
「Cell」という概念をもとに、先鋭的な彫刻・空間表現を展開する名和晃平(1975年生まれ)の個展を開催します。名和はビーズやプリズム、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど流動的な素材・メディアを情報社会における感覚や思考のメタファーとして扱い、デジタルとアナログの間を揺れ動く身体と知覚、感性のリアリティを表現しています。本展では、国内外での多数の受賞・発表をふまえ、パラレルに姿を変える名和作品の根幹を各カテゴリーの方向性や相互の関係から探り、そこにかいま見える今後の姿を追求します。 BEADS / PRISM / LIQUID / GLUE / SCUM / DRAWINGなどのカテゴリーに新たな展開を加え、音楽やファッション、プロダクトデザイン領域とのコラボレーション、パブリックアート、プロジェクトチームによる制作などを通して、国際的に活躍する作品世界の魅力が紹介されます。また、手法そのものの開発からスタートする表現スタイルなど、名和作品の多義的な創作のありかたを探ることによって、そのすぐれた造形性、表現の拡がりや可能性を呈示します。名和は「映像の細胞PixCell=Pixel(画素)+Cell(細胞・器)」という概念を通して、感性と物質の交流の中から生じてくるイメージを追求しています。彼は自らを「彫刻家」としながらも、私たちが、感性と物質を繋ぐインターフェイスである「表皮」の質を通して対象をリアルに感知・認識していることに注目し、その表現領域をさらに拡げつつあります。本展は、その卓越した表現力の源とは何か、そして次世代の創作のあり方について考える貴重な機会となるでしょう。

http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/124/


トーキョーワンダーウォール公募2011入選作品展
これからの美術を担う新進美術作家の作品発表の場として、2000年に都庁壁面を使った「トーキョーワンダーウォール」が誕生。2001年より東京都現代美術館でもトーキョーワンダーウォール公募入選作品展を開催しています。

http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/127/


本日は…
シンセシス初日ということで、みゅーぽん握り締めて行ってきました!

(ちなみに今回初めてクーポン使いました。
2名から3名まで使えるみたいなので、いつも一人鑑賞な自分には勿体無いかもしれんが)

MOTは作品だけでなく、展示室そのものを存分に使って
トータルなデザインとして作品を展示していますが、このシンセシス展は
今まで以上に際立っていまして
自分が展示室という空間にいること自体が現実離れしているような感覚があり
しかしながらここから出たくない、出てはいけない印象も受ける、
そんな不思議空間展覧会でした。


そして集合として、一つの作品を形作ってはいますが
ビーズ、ドット、泡、それぞれに特徴があり活動があり、それぞれの中に世界があって
集合体を形成している個の中に無限があるという
面白いというか畏れてしまうというか…

一見現実離れしているようで
頻繁に使用される「Cell」という表現のように
正しく生命的な何か、生命そのもの?に迫っているように見えて
なかなか一言では片付けられない展示だと思います。

ちなみにこれ、カタログ発売が7月末なので、まだショップでは買えません…
でもカタログ1万円らしいので発売してもなかなか買えんかも…うごごg


トーキョーワンダーウォールも観てきましたが。。
常設展をちと見るの忘れてました。
今日から特集展示石田尚志、だったというに…
フレデリックバック展のついでていいかなw
posted by じゃいじゃい at 22:21| Comment(0) | 鑑賞所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。