2013年05月12日

GW美術館行脚 十勝編(神田日勝〜福原美術館)

GWで実家に帰省後、諸々の都合で二日間しかいなかったのですが、
鹿追方面の美術館に行くことになったので、満足な休暇になりました。

神田日勝記念美術館 - 神田日勝 浅野修 生誕75年記念展
7694797_1931345615_46large.jpg
http://kandanissho.com/infomation/
十勝に生まれ、現在の主体美術を中心に美術界を牽引する美術家浅野修の十勝の開拓の記憶をたどる「虚と実」シリーズと、開館二十周年を迎え里帰りした神田日勝の「室内風景」を始めとする代表作群で構成する両美術作家の「生誕75年記念展」。
十勝の風土に培われた二人の作家のコラボレーションは、当館の二十周年の最初を飾る企画であり、ことに一階展示室では神田日勝の代表作に囲まれた空間に、浅野修の立体作品が展示されます。

ここは幼い頃にも両親に連れられてきていたところで、20年振りの来館となりました。
人生ではじめてみた(?)未完の馬とも再会。
現在では「馬(絶筆)」というタイトルに変わっていましたが、
あの、描きかけの馬の妙な雰囲気は健在でした。また観られてよかったー

福原記念美術館
7694797_1931345634_55large.jpghttp://art-fukuhara.jp/exhibition/01.html
同じく鹿追にある美術館。
地元ではおなじみのフクハラ創始者のコレクションギャラリーなのですが、
日展で審査員をされている藤井範子さんの作品や、
神田日勝親子の作品もあって、意外な大ボリューム。年代ジャンル問わないコレクション量には驚きました。

それと、牧場も寄り道
新得農場
http://www.kyodogakusha.org/
ここのチーズとソフトクリームが美味しかった・・・
posted by じゃいじゃい at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。